「宇宙主夫覚え書き 女房と乳児と欲を追っ掛けて!」を読んで

過日、宇宙飛行士の山崎直子君の恋人です山崎壌土君の著書を読みました。鍵は、とあるpotcastを聞いて、主人の品性や見かけに注意があったからだ。ちなみに現在はすでに別れされてしまったとの素行。
当では、山崎直子君との恋実話から始まりました。猛アタックからブライダルからお産へ。その後の伸長は、当初周辺からうって変わって、モメモメの伸長に。養育や父母の介護に疲れ、奥さんとはトラブルに次ぐトラブル、別れ法廷まで始まってしまう。
こういう当を読んだイメージを見ると、壌土君へのバッシングや問責ばかりが目立ちます。確かに当のヒストリーだけ見ると、ポピュラーないところはあるし、直子君へのバッシングをせきららに当に書いているのは、人としてどうかなと想う部分は、あります。
ただ、私も乳幼児を持つ父母として、主人の気力もわからなくはないのです。ともかく、養育は疲弊が激しく、自分の時間を削られているような感覚に陥ることもしばしば。ましてや、嫁さんが宇宙飛行士になるとそのストレスは相当な素行だったでしょう。
主夫になるということは、メンズとしてのプライドや想い出を見限ることになり、生半可な気持ちではできないなあと思いました。金利 安い 融資